塾の友達 – JLPT N5

最初の数学の授業が終わりました。これから10分休み時間があります。そのあと1時間授業を受けなければなりません。となりの席の男子がぼくに「あの、消しゴム、貸してくれる?」と言いました。「あ、どうぞ」と言っ、消しゴムを貸してあげました。その男子が「おれ、岸本。よろしくね。君は?」と言いましたから、ぼくも「ぼくは沢田です。こちらこそよろしくお願いします」と言いました。岸本くんは笑って、手を出しました。そして、握手をしました。ぼくはちょっとびっくりしました。

そのあと、岸本くんは佐藤さんについて色々質問をしました。佐藤さんと友達なの?とか佐藤さんには彼氏がいるの?とか。ぼくは佐藤さんは同じ部活だけど、あまり話したことがないから、よく知らないと答えました。岸本くんは佐藤さんがかわいいからファンだと言いました。

それで、ぼくは佐藤さんを見ました。今まで美人だと思ったことはありませんが、よく見たら顔が小さくて、目が大きくて、かわいいと思いました。ずっと見ていたら、佐藤さんもぼくを見ました。ぼくはおどろいて、すぐに違うところを見ました。それを見た岸本くんが僕に顔を近づけて「ん?沢田君も佐藤さんが好きなの?」と聞きました。僕は「いやいや、ちがいますよ!」と言いました。「そう?ところで沢田君、タメ口で話してよ。」

そのとき、先生が教室へ来ました。それでぼくたちのおしゃべりは終わりました。

文法

Hey! Patreon members get a supplemental lesson to this podcast for only $1/month.

Cram School Friend – JLPT N5

My first math class had just finished. Then, we have a 10 minute break. After that, we have an hour lesson. The boy next to me asked, “Um, can I borrow your eraser?” “Yes, here,” I said as I lent it to him. The boy said, “Hi, I’m Kishimoto. What’s your name?” I answered, “My name is Sawada. Nice to meet you.” Kishimoto reached out his hand to me with smile. We shook hands. I was a bit surprised.

After that, Kishimoto started asking me some questions about Sato, such as, “Are you her friend?” and “Does she have a boyfriend?” and so on. I respond that although I go to the same swim club as her, I haven’t really ever spoken to her and I don’t really know her. Kishimoto said Sato is cute and he’s a fan.

Then, I looked at her. I never saw her as beautiful, but now that I think of it, she has a small face with big, cute eyes. As I was staring, she noticed and looked at me. I was surprised and looked away. When Kishimoto saw this, he said, “Do you like her, too?” “No, no!” I cried. “Really? By the way, stop talking so politely to me.”

Just then, the teacher entered the classroom. Our talk was over.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *