尊敬する写真家 – JLPT N1

先週、私がアルバイトをしているバーに、佐藤さんという有名なカメラマンが来店した。佐藤さんは、日本人のカメラマンの中で私が最も憧れている人だ。その憧れの人に会えるなんて、ここでバイトしていて本当によかった。業界の人と知り合いになるべく、わざわざ新聞社の多い大手町でアルバイト先を探したかいがあったというものだ。

私が最初に佐藤さんの写真を見たのは中学生の時の美術の教科書の中でだった。夜の景色にふんわりと明かりを使った白黒の写真だった。見た瞬間に魔法をかけられたような気持ちになったのを覚えている。それからお小遣いやお年玉を貯めては、佐藤さんの写真集を買うようになった。今では彼の写真集は全部持っている。写真集にとどまらず、雑誌にインタビューが載れば、それも買っていた。それで、お店に佐藤さんがいらっしゃった時は一目で分かった。

本当は勤務中に私的な用事でこちらからお客さまに話しかけることは禁止されているけど、これを逃したら最後、こんな機会は二度と訪れないと思って、マスターの目を盗んでサインをお願いした。バレたらバレたで、謝ればマスターも許してくれると思った。あいにく何もサインをしてもらう紙を持っていなかったので、コースターの裏にしてもらった。もしかしたら、「君、失礼だな」なんて怒られるかもしれなかった。でも、佐藤さんはそんな私の心配をよそに嫌な顔一つせず、気さくに応じてくださった。私は緊張して手がブルブル震えてしまった。「学生さん、頑張ってね」と声をかけてもらえて、嬉しいといったらなかった

あのサインは額縁に入れて机の上に飾っている。勉強していて疲れた時、これが励みになる。いつか佐藤さんのように一目で誰かを夢中にさせる写真を撮れるようになるだろうか。

文法

Last week, Sato-san, a famous photographer, came to a bar I work at part-time. Sato-san is one of my most admired Japanese photographers. Meeting someone I look up to like that, it’s such a perk of working at the bar. In order to meet with people in the news industry, it was worth searching for a part-time job in Otemachi, where there are many newspaper companies.

The first time I saw Sato-san’s photographs was in a textbook of fine art in junior high school. It was a black-and-white photo of a night scene with soft lighting. At first glance, I felt like I was enchanted at that moment. From then on, I saved my pocket money and the cash I received at New Year’s to buy Sato-san’s photo books. Now I have a whole collection of his photographs. I’ve bought not only his photo books but also any magazines where his interviews appear. So when Sato-san came to the bar I immediately recognized him.

I’m not allowed to talk to guests directly during work, but I thought if I missed this opportunity, it would never come again, so I asked him for his signature while the master wasn’t looking. Whether of not I got caught, if I apologized, the master would forgive me. Unfortunately, I didn’t have any paper to sign, so I got his signature on the back of a coaster. I thought maybe he’d say I was bothering him. Instead, Sato-san responded kindly without looking irritated ,in spite of my concern. I was nervous and my hands trembled. I was thrilled to hear him say, “Student, please do your best.”

That signature is in a frame on my desk. When I’m studying and tired, it encourages me. I wonder if someday, like Sato-san, I will be able to take pictures that affect someone with only a glance.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *