学校生活 – JLPT N1

私は今年大学2年生になった。都内の大学に通っている。1年生のときからバイトもしていたし、授業は皆勤を目指していたので、それなりに忙しかったけど、今年はゼミも始まって、去年にもましてさらに忙しくなった。

大学では国際関係を専攻している。将来の夢は新聞記者になることだ。私のゼミの先生は元新聞記者で若い時は世界中を飛び回っていたそうだ。今も大学で教えるかたわら、新聞に連載記事を書いている。このゼミは人気で申し込みの希望者は50人を超えたが、合格者はわずか10人に過ぎなかった。私も10人のうちの一人になることができて、とても嬉しかった。課題が多く、授業やアルバイトがない時はほぼ図書館にいる。

他のゼミに入った友達は大学生活は遊び倒す!とばかりに大学で姿を見かけることはほとんどない。私も飲み会とかにしょっちゅう誘われるけど、翌日にレポート提出があるからと、断ることが多い。「りかは真面目すぎ」とよく言われる。でも、勉強するために大学に入ったのだから、私は勉強に専念したい。ゼミが始まってからというもの、飲み会に参加した記憶がない。ゼミの仲間は優秀な人が多いから、遊んではいられないんだ。

私の授業出席率は100%だから、そのいつも遊び回っている友達から試験前に授業のノートのコピーをさせてってよく頼まれる。コピーをさせてあげるかわりにお昼ご飯をおごってくれるから、ギブアンドテイクでいいかなと思っている。ノートをコピーされるのを嫌がる人もいるけど、別にコピーされたところで、私の成績が落ちるわけじゃあるまいし。私は気にしない。友達に「りかあっての私だよ。おかげで助かる」と感謝されるのも悪くないじゃない。

文法

University Life

This year, I became a college sophomore. I go to a university in Tokyo. Since my freshman year, I’ve been busy, both working a part-time job and aiming for perfect attendance of class. But this year, seminar classes started and I got even busier.

I major in International Relations. My dream is to become a journalist. My seminar teacher was once a journalist, flying around the world when he was young. He still writes a regular column in a newspaper while teaching at the university. The seminar was so popular that out of over 50 applicants, only 10 got in. I was very excited to be one of the ten people. Because of the many assignments, when I don’t have any classes or part-time jobs, I am usually in the library.

My friends in other seminars are enjoying the wild university life and I rarely see him at school. I am also often invited to drinking parties, but I often decline, because I have some report due the next day. Everyone says, “Rika is too serious.” But I entered university to learn, so I want to concentrate on my studies. Since the seminar started, I don’t remember going out drinking even once. There are many excellent students at the seminar, so I can’t mess around.

My class attendance rate is 100%, so my friends who are always out having fun often ask to borrow my notes before an exam. Instead of just giving them a copy, the friends treat me to lunch, so call it more of a “give and take.” Some people don’t like to have their notes copied, but even if I share them, it’s not like it affects my grades. I don’t care. Being told by grateful friends that they “owe everything to Rika” isn’t a bad thing, is it?


2 Replies to “学校生活 – JLPT N1”

  1. ジャン アシュリー

    i love rika’s voice
    please have her make more
    i feel like i understand everything she says ❤❤

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *