誰かのために自分ができること- JLPT N1

夏休みにしたボランティアの経験は私の人生観に大きな影響を与えた。自分は知識も経験も技術も何もないちっぽけな人間だということ。何かを身につけなければ、社会の役に立てる人間にはなれないのではあるまいか。夏休み明け、大学の授業が始まってからもずっとそのことを考えていて、鬱々と過ごしていた。そんな時、一緒にボランティアに行った先輩に学食で偶然会った。「あれ、りか?どうしたの?めっちゃ暗い顔してるじゃん。失恋でもした?」先輩に大声でそう声をかけられて、私は「失恋なんかしていません!だいたい彼氏どころか好きな人すら今までできたことないし!」と返事した。思ったより自分も声が大きかったみたいで周りの人にジロジロと見られてしまった。思いがけず、変なカミングアウトしちゃった!超最悪。本当に先輩は失礼極まりない

先輩はゲラゲラ笑いながら、「りか、まじウケる。今度合コン一緒に行こうよ。それより、どうしたの?何か悩み事でもあるの?」一応心配してくれた。それで、夏休みにボランティアに行ってからというもの、悩みに悩んでいることを先輩に相談してみた。先輩はずっと黙って私の話を聞いてくれていたけど、最後にこう言った。「考えてたって何も変わらないんだから、何かすればいいじゃん。何にもできない赤ん坊ならいざしらず、あんたはもう大人なんだからちょっとは何かの役に立つはずだよ。例えば、今夜私の部屋に来て掃除をするとかさ。掃除ぐらいできるんでしょ」「え、そ、掃除??そりゃ、できますけど・・・。」

なんで私が先輩の家を掃除しなきゃいけないのかさっぱりわからないが、うじうじ悩んでいた悩みを笑い飛ばされて、私は拍子抜けしてしまった。そっか、できることから始めればいんだ・・・。それがたとえ小さなことでも、何かの役に立つはず。悩んでいないで、行動してみよう!やってみてできなければそれまでだ。また何か別のことにチャレンジしてみればいい。少し前向きになれた気がした。

文法

Hey! Patreon members get a supplemental lesson to this podcast for only $1/month.

What I can do for others -JLPT N1

Volunteering this summer really affected my worldview. Here I am, one small person with no knowledge, experience, or skills. If I don’t make a change, I may never be a human of any benefit to society. From the start of summer vacation, through the beginning of classes, I had been gloomily spending all my time thinking about this. Then, in the school cafeteria, I ran into my Senpai, who was also on the volunteering trip. “Hey, Rika? What’s wrong? You look so glum. Bad breakup?” she loudly called out. “I’m not getting over a breakup! I’ve never had a boyfriend or anything remotely like that!” My voice was louder than I thought, and people stared at me wide-eyed. Without realizing it, I announced that fact to everyone. The. Worst. My Senpai is so rude.

She laughed and laughed. “Rika, you really crack me up! Let’s go out drinking soon. All kidding aside, what’s wrong?” At last, some concern for me. And so then I told her about what I was wrestling with since the summer volunteering. She kept silent and listened to me, then finally spoke. “If you do nothing but think, nothing will change, so you need to do something, you know? You’re not a helpless baby, you’re already an adult, so you can always be of use to someone, even a little. For example, you can come over tonight and clean my room. You can clean right?” “Cleaning? Well, yeah, but…”

I’m not sure how I got roped into to cleaning up my Senpai’s room, but the jokes at the expense of my restlessness and anxiety left me feeling down. Hmm… I should start with something I can do. Even if it’s small, I can be of use. That’s it. No more worrying, into action! If I don’t succeed at one thing, it’s OK. I’ll try something else. I felt like I was cheering up.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *